FC2ブログ

QHS



外部リンク (画像) 文芸春秋の敗訴確定 性の儀式で「幸福の科学」に謝罪 2015年
(ΦωΦ) へ(のへの) http://0w.blog.jp/archives/67257482.html

宏洋氏が繰り返す信仰の冒涜 逆恨みや嘘を広げる無益さ [リバティ]

2020/08/20 19:17  Category:リバティweb・幸福の科学出版

2020.02.28
 幸福の科学の誹謗・中傷を繰り返してきた宏洋氏の行動がエスカレートしている。
 最近では、幸福の科学の根本経典「仏説・正心法語」を玩具のめんこに見立てて遊ぶ動画をアップした。これは聖書やコーランをめんこにするのと同じで、普遍的な信仰の冒涜だ。
 さらに、動画では宏洋氏の仲間が障害者手帳をめんこにして非難が殺到。一連の動画について、宏洋氏は「知らねえよ」と言い、障害を持つ方々をさらに傷つけている。
 ほかにもさまざまなメディアを使って嘘を拡散しようとしているようだが、そもそも、これまでの宏洋氏の主張は、事実と異なる点や嘘に満ちている。

仕事能力の不足と逆恨み
 宏洋氏は、「大川隆法総裁が女優・千眼美子氏との結婚を強制し、それを断ったことに激怒した」ことを理由に教団を飛び出したと語っている。
 しかし、それは嘘だ。宏洋氏は当時、幸福の科学グループの芸能事務所の社長をしていたが、所属する他の女性タレントとの結婚を認めるよう大川総裁に求め、それをたしなめられたに過ぎない。記憶がまったくすり替わっている。

 しかも宏洋氏は当時、週に1回しか出勤せず、決裁も滞る状態が続いた。自身が主役を務める映画の撮影期間中に別の舞台への出演を優先し、大損失を出すなど経営判断もできなかった。幸福の科学の仕事の要求水準についていけなかったのだ。その中で女性問題を起こし、パワハラを繰り返して、社長退任に至った。
 幸福の科学や大川総裁への誹謗・中傷は、逆恨みにより、自分を正当化しているに過ぎない。
続き >> https://the-liberty.com/article.php?item_id=16848


     CM(0)


開祖の「悟り」が文明を創る ─キリスト教、イスラム教、仏教、幸福の科学 - 編集長コラム [リバティ]

2020/08/20 19:16  Category:リバティweb・幸福の科学出版

2020.02.28
 近現代では、「宗教の下では不自由な社会になる」という「常識」がある。
 キリスト教社会は中世の宗教弾圧の反省から、政教分離して信教の自由やその他の自由を確保してきた。もともとイエス・キリストが「地上の王」にはならず、「心の王国」を守ることを説いたので、現代もその教え通りに展開している。
 宗教を社会生活から遠ざけるために、キリスト教社会は近代啓蒙思想を生んだが、その後、唯物論化し、共産主義思想をつくり出した。

宗教を遠ざける現代
 一方、イスラム教は本来、他教徒に寛容な宗教だったが、20世紀初頭、欧米に植民地支配された反動でムハンマド時代に回帰する原理主義が台頭。イスラムの戒律で政治・経済・生活を縛る国が広がった。「地上の王」として国を治めたムハンマドの政教一致の考え方が、現代に復活した状態だ。
 仏教はというと、昔も今も「自由」な宗教だ。イエスと同じで「地上の王(転輪聖王)」にならず、「心の王国」を守ることを説いたが、他宗教に寛容で、中国の唐や日本の奈良・平安時代に仏教精神の下、繁栄国家を築いた。ただ、今は社会的影響が小さくなっている。

 総じて宗教を遠ざける現代、幸福の科学が登場し、日本有数の宗教となった。全世界100カ国以上に信者を持ち、世界宗教化に向けて前進している。
 キリスト教もイスラム教も仏教も、開祖の「悟り」からその後の社会や文明が生み出された。
 幸福の科学は将来、キリスト教やイスラム教のように「不自由」な社会をつくり出すのか否か。幸福の科学の開祖、大川隆法総裁の「悟り」について触れられた経典をもとに考え方を整理したい。
続き >> https://the-liberty.com/article.php?item_id=16849


     CM(0)


中国・習近平主席の守護霊「コロナ感染者は100万超」「国賓来日は日米安保の破棄が目的」と言及 [リバティ]

2020/08/20 19:15  Category:リバティweb・幸福の科学出版

2020.02.27
新型コロナウィルスの感染拡大で揺れる中国。3月5日に開催予定だった全国人民代表大会(中国の国会に相当)が異例の延期となり、4月に予定する習近平・国家主席の国賓来日も、計画通りに行われるかが微妙な情勢になってきた。
コロナ問題で習氏は、対策の陣頭指揮に当たっているわけではない。同氏が腹の内では何を考え、どのような心境にあるかは分からない状態と言える。
そうした中、大川隆法・幸福の科学総裁は26日、習氏の守護霊が日本に直接メッセージを届けたいとして、同氏の守護霊霊言を収録。中国の最高指導者の「本音」が明らかとなった。

「感染者数は100万を超えた」
現れた習氏の守護霊は、コロナ問題が湖北省武漢市でとどまると思いきや、いまだに収束する気配がないため、終始「悩乱」している様子を見せた。

守護霊は、新型コロナがどこから発生したかについて、「公式には認め難いけれども、非公式では恐らく、(武漢の)研究施設のコロナウィルスが外に出てしまったのではないかと、今の心証として思っている」と指摘。なぜあっさりと施設から漏れた可能性を認めたかと言えば、隠し通すことは難しいためであり、いずれ露見するからだとした。
続き >> https://the-liberty.com/article.php?item_id=16876

     CM(0)


「学問の根本をたどれば宗教的真実がそこにはある」 大川総裁が香川で講演会「法力を身につけるには」 [リバティ]

2020/08/20 19:15  Category:リバティweb・幸福の科学出版

改訂前タイトル
「コロナを死滅させることも可能」 大川総裁が香川で講演会「法力を身につけるには」

2020.02.23

大川隆法・幸福の科学グループ創始者 兼 総裁が22日、香川県観音寺市のハイスタッフホールで、「法力を身につけるには」と題して講演を行い、約1300人が詰めかけた。
講演の模様は、同グループの中継網を通じて、四国や近畿、中国地方にも中継された。

【削除部分】 中国発の新型コロナウィルスの影響で、日本でも全国的にさまざまなイベントが縮小・中止される中、会場にはマスク姿の参加者も散見された。

冒頭、大川総裁は「(マスクは)実際全然要りません。(中略)コロナウィルスを死滅させることも可能です。そういう法力を持っております。だから全然気にしないで、治しに来たと思った方がむしろいいかもしれません」と語った。
総裁は2月中旬、コロナ問題を霊的に調査した書籍『中国発・新型コロナウィルス感染 霊査』を発刊。同著では、なぜコロナが中国で広がったのか、感染拡大は何を意味しているのか、など、中国の人々も知らない衝撃の真実が記されている。



「古代からあった学問というのは宗教のことです」
大川総裁は、これまでに説法3000回以上、公開霊言・リーディング1000回以上行ってきた。これだけを見ると「スピリチュアル」な印象を強く受けるかもしれないが、在家時代には、東京大学を卒業し、商社の財務部門で働き、ニューヨーク勤務も経験したエリートだった。こうした神秘性と合理性を兼ね備えた教えが、幸福の科学の特徴の1つと言える。

講演で総裁は、現代の日本の教育界に、宗教への偏見があることを指摘。日本の学問や西洋の哲学も宗教から始まっているとして、「古代からあった学問というのは宗教のことです。(中略)学問の根本をたどれば宗教的真実がそこにはあるのです」と言及した。
続き >> https://the-liberty.com/article.php?item_id=16834


「コロナを死滅させることも可能」 大川総裁が香川で講演会「法力を身につけるには」


     CM(0)


毛沢東に仕えた中国・周恩来元首相 コロナウィルス蔓延、「罠にはまった」と告白 [リバティ]

2020/08/20 19:12  Category:リバティweb・幸福の科学出版

2020.02.13 自称霊言
中国の新型コロナウィルス感染が広がるなか、対策の先頭に立っているのが、李克強首相だ。1月末には、最高指導部の中で一番に武漢入り。習近平国家主席が設置した対策チームのトップに立っており、実務の長をつとめている。
ただ、国内の対策は遅れ気味だ。13日には、武漢市のある湖北省のトップ・蒋超良党委員会書記が更迭。後任に、習氏の側近である応勇上海市長を充てる人事が公表された。
この李首相に「アドバイスしている」と称する霊が11日、大川隆法・幸福の科学総裁のもとに現れた。それが、1949年の中国建国以降、初代国家主席の毛沢東に仕え、内閣を率いた周恩来元首相の霊だ。
〔中略〕

周恩来の霊は、「先の戦争で日本軍がやろうとした、大東亜共栄圏を中国が乗っ取って、さらに中東、アフリカ、ヨーロッパまで傘下に収めて、アメリカと最終決戦をする。これが基本戦略だから。地球を中国化する」と、その野望を語った。
そして、日本などの土地買収、各地の経済侵略、文化侵略を行った後で、「本当の侵略をするつもりでやっておる」と明かしている。ところが今回のウィルスの大規模感染で「侵略」が止められ、「封印」された形になっているといえる。周恩来の霊は、「世界中が中国を万里の長城でくるんでしまう感じになったら困るなあ」と吐露した。
続き >> https://the-liberty.com/article.php?item_id=16807



     CM(0)


新型コロナウイルスの真実を「霊査」 感染拡大の背景と「対策」は? [リバティ]

2020/08/20 19:11  Category:リバティweb・幸福の科学出版

2020.02.10
新型コロナウィルスの蔓延が止まらない。中国当局の発表では、10日までに4万人以上が感染し、908人が死亡という。ただ、火葬の数が平常時の4~5倍になっており、「感染の疑い」のまま自宅で死亡した人は含まれていないことから、実際の被害はもっと大きいことが見込まれている。
〔中略〕

ウイルスを悪性化させる「霊的要因」
本欄ではこれまでにも、大川隆法・幸福の科学総裁の説法に基づき、大規模な伝染病・感染症の背景に霊的な原因や「神意」があることを紹介してきた。過去にも、スペイン風邪やペスト、エイズなどのウィルスが流行する背景に、社会の乱れへの警告があったという。
翻ると、今回のウィルスの発生地となった中国は近年、国内で人権弾圧を行い、国外には侵略的な姿勢を隠していない。感染の背景には、一体どのような作用があるのだろうか。
大川総裁は7日、「中国発・新型コロナウィルス感染 霊査」として、ウィルス感染の背景を知る霊人を呼び出して霊言を収録した。

新型コロナウィルスは「共産党ウィルス」
現れた霊人は、今回のウィルス感染に関する「責任者の一人」と名乗った。そのうえで、これは「共産党ウィルス」であるとして、「敵を殺したいっていうような想念が相当渦巻いておりましたから、そういうものが雲のようになって地上を覆うと、細菌レベルのものでも非常に殺人性を高めることがあって、悪性になってくる」として、「何かの爆発をもうすぐ迎えるところまで来てたと思います」と指摘した。
この霊人は、中国側に「香港・台湾のウイグル化・チベット化」のための攻撃プランなど、海外への進撃が予定されていたと見通したうえで、攻撃想念を国内に籠らせる結界をつくったことを明かした。
続き >> https://the-liberty.com/article.php?item_id=16800




     CM(0)


新型コロナウイルス蔓延、伝染病が広がる原理とは? トマス・モア霊が現代のユートピア論を語る [リバティ]

2020/08/20 19:09  Category:リバティweb・幸福の科学出版

2020.02.02
新型コロナウイルスが猛威をふるっている。中国当局は2月2日、患者数が1万4380人になったと発表。死者は304人となった。
大川隆法・幸福の科学総裁は1月30日、イギリスのユートピア思想家のトマス・モアの霊言を収録。コロナウイルスの問題を含め、現代社会の問題についての質問に答えた。霊言「トマス・モアのユートピアの未来」として現在、公開されている。
〔中略〕

ウイルス感染の背景
トマス・モアの霊はコロナウイルスによる肺炎の患者が急増していることについて、中世の宗教戦争や異端審問が続くなか流行したペストや、第一次大戦中に流行したスペインかぜとの類似点を指摘。今回、武漢から新型コロナウイルスが広がった衝撃的な背景について言及した。

大川総裁はこれまでに、伝染病を起こす菌やウイルスには、悪性の霊的作用が働いていると説いてきた。例えば、コレラやペストは医学の進歩で根絶されたが、その細菌の魂が変化して、今度はエイズなど別の病気として現れているというのだ。悪霊が人間に憑依するのと同じように、こうした悪しき霊存在の憑依により、病気が広がっていく。
続き >> https://the-liberty.com/article.php?item_id=16773


     CM(0)


『新しき繁栄の時代へ』発刊 文明の衝突を乗り越え、「繁栄」を実現する [リバティ]

2020/08/20 19:09  Category:リバティweb・幸福の科学出版

2020.01.29
大川隆法・幸福の科学総裁の最新刊『新しき繁栄の時代へ』が1月31日に発刊される。
泥沼の報復合戦に陥りそうなアメリカとイランの対立、中国と香港・台湾の激突、地球温暖化への懸念、中国のバブル経済崩壊の危険性、そしてそれがもたらす日本のメガバンク、地方銀行への影響――。
国際情勢が混迷を極める今、文明の衝突を乗り越え、地球に「繁栄」をもたらすためには、どのような考え方が必要なのか。
続き >> https://the-liberty.com/article.php?item_id=16761


     CM(0)


大川隆法総裁、法話で習近平主席の国賓来日に反対 [リバティ]

2020/08/20 19:06  Category:リバティweb・幸福の科学出版

2020.01.05
大川隆法・幸福の科学総裁は5日、東京都内の教団施設「東京正心館」で、法シリーズ最新刊『鋼鉄の法』を参考書籍とする、「『鋼鉄の法』講義」と題した講演を行った。会場には約1200人がつめかけ、その模様は幸福の科学グループの中継網を通じて全国に中継された。

アメリカとイランの対立
大川総裁は法話の冒頭、「2020年は結構厳しい年になるかなと思います」と今年を展望。新年早々に起きた米軍によるイランのソレイマニ司令官の殺害に触れ、「ポイントは、結局は考え方のぶつかり合いだと思うんですよ」と述べ、欧米諸国とイスラム教国で対立する考え方を整理したうえで、日本が世界のあるべき姿に向けて努力しなければならないとした。
なお法話の中で、昨夜、ソレイマニ司令官の霊言を収録したことを明らかにした。

日本はかつての誤ちを繰り返すのか
日本については、今春に予定している中国の習近平国家主席の国賓来日に言及。ウイグルなどを弾圧している習主席は、独裁者ヒトラーの罪状を超える寸前になっているとして、「平和を求める諸国民でない国もありますから、そういう国の国家主席はどうか国賓で呼ぶのはやめてください」と述べ、国賓来日に反対。会場から賛同の拍手が起きた。
続き >> https://the-liberty.com/article.php?item_id=16662


     CM(0)


【大川総裁公開霊言1000回突破】 霊言は"作れない" [リバティ]

2020/08/20 19:06  Category:リバティweb・幸福の科学出版

2020.01.02
大川隆法・幸福の科学総裁の公開霊言が12月25日、「公開霊言1000回突破記念〈釈尊の霊言〉─情欲と悟りへの修行─」をもって、1000回を突破した。
〔中略〕

教団に不利な霊言も公開
綾織(以下、綾): 霊言の中には、善悪の判断基準を世の中に示すため、幸福の科学にとって不利なことでも、あえて公開するものもあります。
例えば、「ムハンマドの霊言」は、イスラム教世界の方々には議論を呼び、攻撃もされるかもしれません。ただ、ムハンマドの「今」の考え方を知ることが、イスラム教徒にも必要だし、世界に正しさを示す上でも必要だから、公開している訳ですよね。これは、「正しさを探求する」姿勢の表れだと思います。

斎藤(以下、斎): 確かに、批判を受けたり、危険を呼び込んだりする可能性すらあります。"商売"の発想とは真逆の考え方ですよね。総裁は、とても誠実で正直な姿勢をお持ちなので、霊言は「知的正直さ」に溢れていると感じます。
つまり、公開することで「自分が損をするか」ではなく、「真実を示す」ため
続き >> https://the-liberty.com/article.php?item_id=16653


     CM(0)



サイト内検索
新宗教「幸福の科学」に関する、教団側・批判側・マスコミの記事などを紹介しています。



キャッシュでキーワードがハイライト表示

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

最新記事
月別アーカイブ

>>記事更新履歴



mugi_kuriさんのRetweeted


http://spiruna.blog89.fc2.com/blog-entry-2609.html
犬猫リンク集