FC2ブログ

QHS



外部リンク (画像) 文芸春秋の敗訴確定 性の儀式で「幸福の科学」に謝罪 2015年
(ΦωΦ) へ(のへの) http://0w.blog.jp/archives/67257482.html

▼当ブログの記事保存は、元となるニュースから半年ほど遅れて更新しています。

ドクター中松・SAGEグループ反論「金剛大阿闍梨授与の経緯について」

2010/08/07 23:32  Category:丸のHSメモ

ドクター中松・SAGEグループ反論「金剛大阿闍梨授与の経緯について」   獏論3 Date:2010/08/07

やや日刊カルト新聞 最新記事
ドクター・中松&中井天山代表、チベット語翻訳合戦で自爆
http://dailycult.blogspot.com/2010/08/blog-post_07.html

ドクター・中松、今度はチベット高僧の書簡の翻訳を捏造
2010年08月07日 14:55 JST PJ: 藤倉 善郎
http://www.pjnews.net/news/533/20100807_5

●以下は数日前に書いていたものですが、事情がはっきりしないうちは控えておこうと思って、公開していませんでした。でもやや日刊カルト新聞で新しく検証記事が出ましたし、まだ分からないことがありますが、思ったことはとりあえず出しておきます。

8/3
幸福実現党特別代表ドクター中松氏が、ブログで「金剛大阿闍梨授与の経緯について」と題して、詐称疑惑に対する反論をしました。
インドに正式に招待されて授与されたということです。その内で、最も重大なコメントを出してしまったと思うのが、「ダライ・ラマ法王日本代表部事務所」の翻訳が全く違うと主張していることです。これは「ダライ・ラマ側が捏造文書を公開した」と言っているのと同じです。以下、【*】内は当方の補足・感想。


中松氏側の主張(全文はリンク先へどうぞ)
http://dr-nakamats.seesaa.net/article/158253546.html
2010年08月02日
金剛大阿闍梨授与の経緯について
皆様 今年の春に授与しました、金剛大阿闍梨授与について正式にコメント致します。

「金剛大阿闍梨授与」の経過
【*中略 写真3枚を掲載して短い説明がある。そして】

・上記の如く、当方が「金剛大阿闍梨」の授与を求めたものではなく、
102世側近の高僧テンジンからの連絡でインドに行き、ガンデンティパ102世本人のサインで、本人から授与されたものである。
【*何枚写真を載せても、単に座主と一緒に写っているだけで「金剛大阿闍梨」として認定された証明にはならない。またゲルク派では、サインは頼まれたと言っている】


ガンデンティパ102世からの手紙について
1.日本語訳が全く違い、故意にラクパ・ツォコ氏の主張(ガンデンティパ102世の手紙中にはない)を入れている。
【*常識で考えると、世界に協力を求めているダライラマの日本事務所がそんな捏造をするわけがない。原文の写真まで載せているのだから、すぐにばれることは分かりきっている。またラクパ・ツォコ氏の主張を故意に入れているとのことだが、そんなことが原文から判読できるはずがない。この事務所公表文をニセモノと思わせようとしている。おそらくSAGEと協力しているチベット人にこう言われたのかも知れません。】

2.ラクパ・ツォコ氏は、ドクター・中松の名を間違って「善郎」と書いている。
【*非常にくだらない。ただ文字変換を間違っただけのことなのに、つまらない上げ足取りをしている】

尚、ガンデンティパ102世のチベット語の手紙の翻訳は下記の通りとなっております。

あなた(ダライ・ラマ日本代表部事務所代表ラクパ・ツォコ氏)からのお問合せ(ドクター・中松は修行しないでもらったから、金剛大阿闍梨がニセモノではないか)に対し、下記の如くお答えします。
私は現在彼と連絡していませんが、私は確かに以前、ニューデリーで彼にお会いしました。
ご存知のようにチベット僧の場合、20年仏教哲学を勉強した後で証書を与えられます。
しかし外国人の場合、非常に立派な人には与えられます。

今回の場合は、推薦者(テンジン哲学博士)から彼(ドクター・中松)が、日本で非常に立派な著名人であり、創造者として世界に貢献していると聞いて証書(金剛大阿闍梨)にサインしました。



【*これは首謀者である中井天山氏の言ったことと何やら食い違っています(先日の「やや日刊カルト新聞」動画)。ドクター中松氏は事実関係が何もわからず、上のように説明されて喜んでインドについていったのでしょう。】

▲テンジンなる人が「テンジン デムチョク」氏であり本当に中松氏らを推薦したとするならば、中井氏に頼まれてのことでしょう。この方は中井天山SAGEグループで援助を受けて活動しているらしく、集団の人物を見誤っていると思います。パトロンがつくというのはこういう怖さもあります。いいように利用されて自分の信頼までも失ってしまうことがある。。
上のおかしな翻訳をもしテンジン氏らがやったとすると、これはもう本人の人格を疑わねばならなくなってくる。

中松氏はそもそもはSAGEで甘いおやつを見せられて、名誉欲にかられてしまっただけでしょう。中井氏らが以前からやっていた手法ですから。こうしてどちらも相手を利用して権威付けしたわけです。

ダライラマ法王日本代表部事務所とSAGEグループのどちらを信用するかと言えば分かりきったことですが、仮に中松氏側の主張が正しいとしても、これもやはりチベット仏教の弱点であることが強く浮き彫りになっているものです。ダライラマ14世同様、援助してくれる相手を善人だと信じ切ってしまい、利用されるばかりなのです。


これと似た内容の翻訳文面が、別のブログに掲載されています。

国政オンブズマン委員会GOA
http://blog.livedoor.jp/goa_jp/archives/447533.html
実はこの団体も中井SAGEグループです。つまり身内のようなもの。
大変博識のあるチベット人に翻訳してもらったと言うのだが、これ中松氏側の翻訳(?)と内容がよく似ている。

あなたが私の通知にもたらした状況に関して、それは最近東京(日本)で起こりました。ここで私は彼との少しの関係も現在ないことを皆に知らせます。
しかし、私は、以前、ニューデリーで彼に会いました。
あなた全員が知っているように、それぞれの人がチベット人であるならば、彼は証明書を得るために20年の間仏教哲学を勉強する必要があります。そして、それぞれの人が他の国籍に属しているならば、彼は第一人者でなければなりません。
誰かは、私に彼が日本の非常に高い聖職者であるというメッセージをしました。それで、私は証明書に署名するよう依頼されました。しかし、彼が様々な点でゲルク派の名前を使用しているならば、それは非常に間違っています


このGOAなる団体は、ツイッターで以下のような書き込みを始めました。
http://twitter.com/goa_jp
goa_jp 2010-08-03 17:15現在

チベット仏教 金剛大阿闍梨についてブログでコメントしました。 http://blog.livedoor.jp/goa_jp/archives/447533.html
約16時間前 webから

やや日刊カルト新聞は、だいぶねじ曲がった繋ぎ合わせの内容が多いみたいだね。
約5時間前 webから

ダライラマ法王日本代表部事務所代表ラクパ・ツォコ氏は、チベットマフィアで有名らしい。
約15時間前 webから

現代社会はねじ曲がったジャーナリストが多い、個々のジャーナリストを検証するジャーナリストが必要でしょうね。
約5時間前 webから

チベットも日本と同じように、悪い政治家や官僚が多いんですよ。歴代のダライラマ14人中少なくても4名は暗殺されていると言われている。
約5時間前 webから

2ちゃんねる同様、人の事をとやかく批判する人がtwitterにも多いんですね。余りにも拙い人生経験では他を批判する事よりも自身の実績を積むべきでしょう。
約4時間前 webから

カルト被害者をいっぱい集めてどこぞの弁護士に紹介でもしてるんじゃないだろうね〜カルトくん。 
約4時間前 webから



>2ちゃんねる同様、人の事をとやかく批判する人がtwitterにも多いんですね
と言っているが、それはこのGOA−国政オンブズマンなどと名乗っている団体も同じこと。彼らも「らしい」ということだけで、ダライラマ法王事務所をマフィアがらみであるように吹聴して、藤倉氏から名誉毀損だと批判された。そのほかにも藤倉氏についてカルト被害者を集めて弁護士に紹介しているのではないかとか、まさに陰湿な中傷だ。

別にどこというわけではないが、たいそうな名前を名乗って捻じ曲がったことをやっている団体はよくあることだろう。そして批判記事を書かれると、悪質なジャーナリストだとか言い出すのもよくあることでは?
見解の相違と言うものはあるし、重点をどこにおくかも人それぞれです。

捻じ曲がった継ぎ合わせの記事とはどの部分なのか? 取材に同席していなければ分からないことなんだが、見てきたように言う人たちですね。当方には詳細は分からないけれど、中井氏本人の言動を動画で見ればそこに怪しい発言が事実として残っています。それだけでも十分ですよ。


ダライ・ラマ法王日本代表部事務所の発表はこちらで↓
http://www.tibethouse.jp/news_release/2010/100730_gaden.html

●8/7 追記
GOAのツイッターはいったん削除されて、後日非難を受けるであろう部分が隠蔽されました。上のコピーは消される前のものです。
関連記事


     CM(0)


コメントの投稿










サイト内検索
新宗教「幸福の科学」に関する、教団側・批判側・マスコミの記事などを紹介しています。



キャッシュでキーワードがハイライト表示

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

最新記事
月別アーカイブ

>>記事更新履歴



mugi_kuriさんのRetweeted


http://spiruna.blog89.fc2.com/blog-entry-2609.html
犬猫リンク集