FC2ブログ

QHS



外部リンク (画像) 文芸春秋の敗訴確定 性の儀式で「幸福の科学」に謝罪 2015年
http://0w.blog.jp/archives/67257482.html (ΦωΦ) へ(のへの)

<脱税事件>納骨堂担保に多額融資 逮捕の社長、宗教法人に

2017/12/05 20:00  Category:宗教系記事

<脱税事件>納骨堂担保に多額融資 逮捕の社長、宗教法人に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171101-00000009-mai-soci

ビル型納骨堂「梅旧院光明殿」=大阪市浪速区で2017年10月12日、宮嶋梓帆撮影
 大阪市浪速区でビル型納骨堂「梅旧院(ばいきゅういん)光明殿」を運営する「光明殿」社長、山口幸子(さちこ)容疑者(63)らが逮捕された脱税事件で、納骨堂を所有する宗教法人が納骨堂の土地・建物などを担保に、同社から多額の融資を受けていたことが分かった。大阪地検は、山口容疑者が宗教法人との関係を利用した「納骨ビジネス」で不正な利益を得ていたとみて調べている。

 大阪国税局は31日、法人税約1億5000万円を免れたとして山口容疑者と取引先の上月(こうづき)啓右容疑者(76)、法人としての光明殿を法人税法違反容疑で大阪地検に告発した。地検は勾留期限の1日にも起訴する方針。

 納骨堂は9階建てで、屋内墓3000基以上を収容。大阪市天王寺区の宗教法人「梅旧院」が自身の名義で設置し、1995年に市の許可を得た。納骨堂の設置は、法律で自治体や宗教法人などに限られている。

 関係者によると、当初は石材店が運営する計画だったが、資金のめどが立たず頓挫。法人関係者が山口容疑者と知り合い、2002年ごろから光明殿が墓の販売などを受託している。

 登記簿によると、同社から宗教法人への融資は00年ごろから始まり、03年には約5300万円の融資の担保として納骨堂に抵当権を設定した。その後も融資は続き、11年には極度額5億円の根抵当権が登記され、宗教法人が返済できなければ競売にかけられる状態になっている。

 市の審査基準では、納骨堂の安定運営のため、土地を担保に入れることを禁止している。市の担当者は取材に「担保に入っているとは知らなかった」と話し、法人側に改善を求める方針。宗教法人は取材に応じていない。

 捜査関係者によると、山口容疑者は、上月容疑者の会社に業務委託を装って入金し、一部をキックバックさせていた。脱税した金は貯蓄していたという。

 墓地運営に詳しい寺院関係者は「祈りの場所を脱税に悪用するなんて許せない」と話した。【岡村崇、宮嶋梓帆、山崎征克】
関連記事


     TB(-) | CM(0)


コメントの投稿










サイト内検索
新宗教「幸福の科学」に関する、教団側・批判側・マスコミの記事などを紹介しています。



キャッシュでキーワードがハイライト表示

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

最新記事
月別アーカイブ

>>記事更新履歴



ワンコ・ニャンコ緊急ツィート コチラへ

http://spiruna.blog89.fc2.com/blog-entry-2609.html
犬猫リンク集