FC2ブログ

QHS



外部リンク (画像) 文芸春秋の敗訴確定 性の儀式で「幸福の科学」に謝罪 2015年
http://0w.blog.jp/archives/67257482.html (ΦωΦ) へ(のへの)

核廃絶に向け宗教者がシンポ 「今こそ気合い問われる時」 [キリスト新聞]

2019/02/11 21:33  Category:宗教系記事

 2018年10月11日
 唯一の被爆国でありながら、我が国は核兵器禁止条約に署名していない。この問題をテーマに「核兵器禁止条約と日本の宗教の役割」と題したシンポジウムが9月20日、上智大学(曄道佳明学長、東京都千代田区)で開催され、約200人が参加した。同学大学院実践宗教学研究科、ベグライテン(関根和彦代表世話人)、ミシュカの森(入江杏主宰)が共催した。〔中略〕

 「核兵器禁止条約と世界平和のビジョン」と題して発言した川崎氏は、同条約と核兵器を取り巻く国際社会の状況について解説した。「1980年代にはすでに『勝者のいない核兵器は、大量破壊兵器であると同時に自殺兵器』と言われていた。宗教、倫理、道徳の観点で捉えた時、核兵器と国際人道法の両立は不可能。昨年採択された核兵器禁止条約に核保有国は加入していないが、同条約が保有国に対する圧力になっていくことが目標」。また、国際社会で核兵器を取り巻く意味が「力の象徴から悪の象徴」へと変化してきたとし、「核兵器に頼る世界を排除し、正常な世界を取り戻さなくてはならない」と訴えた。
続き >> http://www.kirishin.com/2018/10/05/19062/
関連記事


     CM(0)


コメントの投稿










サイト内検索
新宗教「幸福の科学」に関する、教団側・批判側・マスコミの記事などを紹介しています。



キャッシュでキーワードがハイライト表示

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

最新記事
月別アーカイブ

>>記事更新履歴



ワンコ・ニャンコ緊急ツィート コチラへ

http://spiruna.blog89.fc2.com/blog-entry-2609.html
犬猫リンク集