FC2ブログ

QHS



外部リンク (画像) 文芸春秋の敗訴確定 性の儀式で「幸福の科学」に謝罪 2015年
(ΦωΦ) へ(のへの) http://0w.blog.jp/archives/67257482.html

▼当ブログの記事保存は、元となるニュースから半年ほど遅れて更新しています。

長女・咲也加氏の書籍発刊 同じ環境に身を置き感謝するか 不平不満を言うか - Opinion [リバティ]

2020/05/18 21:25  Category:リバティweb・幸福の科学出版

2019.08.29
大川隆法・幸福の科学総裁や教団に対し、長男・宏洋氏が誹謗中傷を続ける。
そんな中、長女・咲也加氏が8月、『娘から見た大川隆法』を発刊した。
そこには、宏洋氏が語る内容とは全く異なる「総裁像」が記されていた。

「本人は忘れているかもしれませんが、やはり、幼少期は、兄がいちばん両親の愛情を受けて育っていると思います」
 大川隆法・幸福の科学総裁の長女で、同教団の副理事長兼総裁室長を務める大川咲也加氏は、8月に発刊した『娘から見た大川隆法』の中でそう記す。

「兄」とは、ユーチューブや雑誌などで教団を誹謗中傷している長男・宏洋氏のこと。彼は、子供時代に「放っておかれた」などの趣旨の発言を繰り返し、「総裁は冷たい」という悪印象を広げようとしている。
 だが同書では、総裁が教団の草創期、全国で講演会やセミナーを開きながら日夜勉強するという激務の中でも、毎日食事を共にするなど子供たちを大切に育ててきたという、知られざる「総裁像」が明かされている。

 咲也加氏が、総裁や世話役のスタッフに深い感謝の意を表す一方、宏洋氏は、不平不満をもらし、総裁や教団に悪態をつく。同じ環境に身を置きながら、これほどまでに受け止め方が違う。
続き >> https://the-liberty.com/article.php?item_id=16160
関連記事


     CM(0)


コメントの投稿










サイト内検索
新宗教「幸福の科学」に関する、教団側・批判側・マスコミの記事などを紹介しています。



キャッシュでキーワードがハイライト表示

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

最新記事
月別アーカイブ

>>記事更新履歴



mugi_kuriさんのRetweeted


http://spiruna.blog89.fc2.com/blog-entry-2609.html
犬猫リンク集