FC2ブログ

QHS



外部リンク (画像) 文芸春秋の敗訴確定 性の儀式で「幸福の科学」に謝罪 2015年
(ΦωΦ) へ(のへの) http://0w.blog.jp/archives/67257482.html

▼当ブログの記事保存は、元となるニュースから半年ほど遅れて更新しています。

今、香港で起きているのは… 幸福実現党党首・釈量子 [SankeiBiz 産経]

2020/05/23 17:57  Category:メディア

2019.9.10 05:00
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/190910/mca1909100500004-n1.htm

 --混迷を極める香港情勢をどう見ていますか

 香港市民が抗議を続けていた「逃亡犯条例」改正案について、4日、林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官が完全撤回を表明しました。撤回を受け、ダウ平均株価は急反発しましたが、民主活動家らはむしろ反発を強めています。

 改正案への反対デモが本格化しておよそ3カ月がたちましたが、この間、多くの負傷者や逮捕者が出ています。デモを「暴動」と呼び、逮捕者の釈放要求にも応じない香港政府に対し、民主活動家たちは今後も戦いを続けていくでしょう。

 --実際に香港デモを視察してきたそうですね

 民主化運動のリーダーたちの逮捕を受け、党として中国大使館前で緊急の抗議活動を行いました。その後、香港に飛び、市内のスタジアムで行われた「賛美歌を歌う」集会に参加し、市民や議員、識者から話を聴いて、香港の自由を守るために断固声を上げるという強い意思をはっきりと感じました。

 一部国内メディアでは、デモ隊を「暴徒」と表現していますが、断じて「暴徒」ではありません。昼は親子連れも見られ、愛と平和を基調とした理性的な活動でした。急な雨に降られた私に、デモ参加者の若いカップルが傘をくれて、2人は相合い傘で去っていきました。

 むしろ警察の取り締まりが信じられないくらい厳しくなっています。香港の地下鉄では、丸腰で無抵抗の市民を警察が激しく殴打する「事件」が起き、その様子がネットで拡散されました。香港でも監視社会化が進んでおり、監視カメラを通じて身元が特定される危険も覚悟で、顔を隠しながら活動しています。普通の市民たちが、自由を守るために戦っているのです。
続き >> https://www.sankeibiz.jp/macro/news/190910/mca1909100500004-n1.htm
関連記事


     CM(0)


コメントの投稿










サイト内検索
新宗教「幸福の科学」に関する、教団側・批判側・マスコミの記事などを紹介しています。



キャッシュでキーワードがハイライト表示

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

最新記事
月別アーカイブ

>>記事更新履歴



mugi_kuriさんのRetweeted


http://spiruna.blog89.fc2.com/blog-entry-2609.html
犬猫リンク集