FC2ブログ

QHS



外部リンク (画像) 文芸春秋の敗訴確定 性の儀式で「幸福の科学」に謝罪 2015年
(ΦωΦ) へ(のへの) http://0w.blog.jp/archives/67257482.html

▼当ブログの記事保存は、元となるニュースから半年ほど遅れて更新しています。

カナダの「同性愛」推進の霊的背景を探る 「本物の愛」とは何か? [リバティ

2020/06/01 18:43  Category:リバティweb・幸福の科学出版

2019.10.25
https://the-liberty.com/article.php?item_id=16416

「多様性への寛容さ」を重視するカナダは、LGBTQの先進国でもある。2005年には、世界で4番目に同性婚を法制化した。このたびの総選挙で再選したジャスティン・トルドー首相も、LGBTQの人々の権利推進派として知られる。〔中略〕

大川隆法・幸福の科学総裁は10月6日にカナダでの英語講演「The Reason We Are Here」を開催した。講演前の現地視察で、大川総裁が立ち寄った場所の一つが、トロントのゲイシティだった。このエリアには、アレキサンダー・ウッドという人物の銅像が建つ。
アレキサンダー・ウッドは、トロントの同性愛の「先駆者」と言える。ウッドは1772年にスコットランドで生まれ、商人としてカナダに移住。輸入品の販売などを手がけていたが、現在の「ゲイタウン」一帯の土地を購入して、ゲイ・コミュニティの基礎を築いた。

ウッド霊:異性婚で子供が生まれることが「堕落の始まり」と主張
カナダ講演前に現地で大川総裁はウッドの霊を招霊。ウッドの霊は、自ら「ゲイシティの守護神」であると主張。人間も動物も平等であって、カナダは「動物たちの国であり、男と女の国であり、LGBTQの国」とした。
一方で、自身の状況については「(気分は)あまりよくない」と語り、亡くなった後も天上界に還れず、地縛霊となっている様子が伺えた。

ウッドの霊は「異性婚で子供が生まれることが堕落の始まり」として、神が男女を分けたことを批判。同性愛が原因で罪を犯したとしても、それは罪でなく、純粋な愛だと主張し続けた。
続き >> https://the-liberty.com/article.php?item_id=16416
関連記事


     CM(0)


コメントの投稿










サイト内検索
新宗教「幸福の科学」に関する、教団側・批判側・マスコミの記事などを紹介しています。



キャッシュでキーワードがハイライト表示

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

最新記事
月別アーカイブ

>>記事更新履歴



mugi_kuriさんのRetweeted


http://spiruna.blog89.fc2.com/blog-entry-2609.html
犬猫リンク集