FC2ブログ

QHS



外部リンク (画像) 文芸春秋の敗訴確定 性の儀式で「幸福の科学」に謝罪 2015年
(ΦωΦ) へ(のへの) http://0w.blog.jp/archives/67257482.html

▼当ブログの記事保存は、元となるニュースから半年ほど遅れて更新しています。

【大川総裁公開霊言1000回突破】質問者が語る霊言の驚き [リバティ]

2020/06/07 13:26  Category:リバティweb・幸福の科学出版

2019.12.30
https://the-liberty.com/article.php?item_id=16643

大川隆法・幸福の科学総裁の公開霊言が12月25日、「公開霊言1000回突破記念〈釈尊の霊言〉─情欲と悟りへの修行─」をもって、1000回を突破した。
霊言とは、あの世の霊を招き、その思いや言葉を語り下ろす神秘現象のこと。幸福の科学の霊言やリーディングは、仏教でいう「六大神通力」に相当する大川総裁の高度な霊能力を駆使して行われている。

これまで多くの霊言を目の当たりにし、質問者としても、多くの霊と対話をしてきた人からは、大川総裁の霊言はどう見えているのか。
本欄では、10月末発刊の本誌12月号「すべての人に希望を- いま、目の前にある奇跡。大川隆法説法3000回突破記念」に掲載しきれなかったエピソードを含めて、大川総裁の霊言の"衝撃"について5回にわたり掲載する。今回は、その第1回。
〔中略〕

人格と内容の一貫性がある
斎藤(以下、斎): 今から31年前、編集担当として大川総裁が吹き込んだ霊言の音声やテープを、文字に起こしていました。当時は、カセット何本分も、何時間にもわたって霊言が収録されていました。
例えば、七大天使の一人であるミカエルは、外国の霊ですので、英語なまりの日本語でした。「ミカエルデス」といったようなカタカナで起こすような日本語の音声が、カセットテープ数本分、延々と続いているんです(『大川隆法霊言全集』別巻2として刊行されている)。
また、松尾芭蕉の霊はおじいさんのようなしみじみした口調でしたし、ベートーベンは声の印象がとても深いというか、暗かったです。どの霊も話し方が違うので、「霊の個性」が出るんだなと感動しました。
続き >> https://the-liberty.com/article.php?item_id=16643
関連記事


     CM(0)


コメントの投稿










サイト内検索
新宗教「幸福の科学」に関する、教団側・批判側・マスコミの記事などを紹介しています。



キャッシュでキーワードがハイライト表示

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

最新記事
月別アーカイブ

>>記事更新履歴



mugi_kuriさんのRetweeted


http://spiruna.blog89.fc2.com/blog-entry-2609.html
犬猫リンク集