FC2ブログ

QHS



外部リンク (画像) 文芸春秋の敗訴確定 性の儀式で「幸福の科学」に謝罪 2015年
(ΦωΦ) へ(のへの) http://0w.blog.jp/archives/67257482.html

新型コロナウイルスの真実を「霊査」 感染拡大の背景と「対策」は? [リバティ]

2020/08/20 19:11  Category:リバティweb・幸福の科学出版

2020.02.10
新型コロナウィルスの蔓延が止まらない。中国当局の発表では、10日までに4万人以上が感染し、908人が死亡という。ただ、火葬の数が平常時の4~5倍になっており、「感染の疑い」のまま自宅で死亡した人は含まれていないことから、実際の被害はもっと大きいことが見込まれている。
〔中略〕

ウイルスを悪性化させる「霊的要因」
本欄ではこれまでにも、大川隆法・幸福の科学総裁の説法に基づき、大規模な伝染病・感染症の背景に霊的な原因や「神意」があることを紹介してきた。過去にも、スペイン風邪やペスト、エイズなどのウィルスが流行する背景に、社会の乱れへの警告があったという。
翻ると、今回のウィルスの発生地となった中国は近年、国内で人権弾圧を行い、国外には侵略的な姿勢を隠していない。感染の背景には、一体どのような作用があるのだろうか。
大川総裁は7日、「中国発・新型コロナウィルス感染 霊査」として、ウィルス感染の背景を知る霊人を呼び出して霊言を収録した。

新型コロナウィルスは「共産党ウィルス」
現れた霊人は、今回のウィルス感染に関する「責任者の一人」と名乗った。そのうえで、これは「共産党ウィルス」であるとして、「敵を殺したいっていうような想念が相当渦巻いておりましたから、そういうものが雲のようになって地上を覆うと、細菌レベルのものでも非常に殺人性を高めることがあって、悪性になってくる」として、「何かの爆発をもうすぐ迎えるところまで来てたと思います」と指摘した。
この霊人は、中国側に「香港・台湾のウイグル化・チベット化」のための攻撃プランなど、海外への進撃が予定されていたと見通したうえで、攻撃想念を国内に籠らせる結界をつくったことを明かした。
続き >> https://the-liberty.com/article.php?item_id=16800


関連記事


     CM(0)


コメントの投稿










サイト内検索
新宗教「幸福の科学」に関する、教団側・批判側・マスコミの記事などを紹介しています。



キャッシュでキーワードがハイライト表示

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

最新記事
月別アーカイブ

>>記事更新履歴



mugi_kuriさんのRetweeted


http://spiruna.blog89.fc2.com/blog-entry-2609.html
犬猫リンク集